マインドフルネスは危険なものなのか?

安易なマインドフルネス瞑想は危険性もある!?

最近マインドフルネスは欧米をはじめとして日本でも受け入れられつつある感じですが、

一方で安易にマインドフルネス瞑想を実践することで問題となっている事項があります。

それはうつ病などを治そうとして瞑想を始めたけど逆に悪化してしまうケースもあるのできちんとした指導を受けることが大事です。

マインドフルネスで必要な、ありのままを感じて観る ことは意外と簡単にできることではありません。

これが出来ないことに意識がフォーカスしてしまうことで逆にストレスを抱えてしまうこともあります。

また瞑想をすることで、普段の娯楽などの生活レベルで楽しいと感じられなくなるような意欲減退ケースなども発生しています。

なので、マインドフルネスの基礎であるウイナパッサナー瞑想という仏教の教えをきちんと理解し、自分が瞑想で得るものは何なのか?目的を明確にしておくことが大事だと思います。

あとは危険性として言われていることは、創造性が減退する、創造性が削がれるということもありますね。

 

基本的に人間は現在、今、NOWのことよりも過去、PASTや将来、未来、Future に意識が行くことが多いです。

くよくよ悩む時も過去のことや将来を悲観してのことだと思います。

なので今ここ を意識して瞑想することはとても脳には有効であることは間違いないです。

ただし人によっての向き、不向きは確実にありますし、合う、合わないがあると思います。

万能マインドフルネスというものは無いと理解しておくことも重要かと。

ただし、やってみて心が軽くなったり、スッキリすると思う方は、どんどんマインドフルネスを取り入れると良いと思います。

また、マインドフルネス瞑想は、危険性があると意識しすぎてトライすることを辞めることはもっとチャンスを逃す行為であることも理解しておいてください。

とにかくトライして観ることはとても有意義で大切なことですから。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. マインドワンダリングという言葉をご存知ですか? マインドワンダリングとは、ストレスがかかってい…
  2. 本日は東京で講座を開催しているマインドフルネス、瞑想、レイキヒーリング、エネルギー調整などを実践して…
  3. 実はマインドフルネスは1970年代からストレスに対する方法として欧米では徐々に普及しはじめていました…

ピックアップ

  1. 2017-4-29

    ドローイン呼吸法で瞑想してインナーマッスルを鍛えましょう

    ドローインという呼吸法をご存じでしょうか??? ドローインという呼吸法により、自律神経を整えて…
  2. 2017-3-29

    マインドフルネスは危険なものなのか?

    安易なマインドフルネス瞑想は危険性もある!? 最近マインドフルネスは欧米をはじめとして日本でも…
  3. 2016-7-10

    NHKスペシャルで放送された「キラーストレス」でのマインドフルネス瞑想

    2夜連続でNHKスペシャルで放送された「キラーストレス:そのストレスはある日突然死因に変わる」を今回…
  4. 2015-11-27

    不眠に有効な呼吸法

    ベッドに入ってもなかなか寝付けない・・・ 眠りが浅くて朝が辛い・・・ なんて経験は誰もが…
  5. 2015-11-11

    自覚(アウェネス)と意識の違いを考えてみた

    私たち人間は、いつも日常的に思考や感情や感覚に同一化していることを知っていますか? 例えば怒る…
2019年10月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る