マインドフルネスと教育について

マインドフルネスを学校教育に組み込むという方法は、海外では前から実際に導入が行われており、効果を上げているそうです。

例えばニューヨーク市で8000校近くの学校がマインドフルネスプログラムを実践したという話があります。また、教師や親にもマインドフルネス熱が上昇してきていると聞きます。

そして学校教育で導入されて効果が上がっている理由は、生徒の集中力アップが挙げられます。
特に小学生などの子供での場合は、長時間に渡り作業に集中するのが難しい場合も多いもの。

マインドフルネス瞑想を行うことにより、落ち着きと集中力がアップするというケースが増えているそうです。
マインドフルネスのやり方でもある、今ここを意識することで、心があちこちに散乱するのを防いでくれるのだそう。

ゆえに学習の「構え」をつくるうえでマインドフルネスがとても期待されているのです。

また、カナダブリティッシュコロンビア州の公立校で、9歳前後の生徒99人を対象にしたマインドフルネスの実験があります。マインドフルネス瞑想授業を受けた生徒チームと受けなかった生徒チームの算数の成績を比較したところ、前者のほうが約15%も高いスコアを示したのだそうです。

もちろん算数テストのスコアだけを測定したわけではなく、行動、唾液のコルチゾール値(ストレスホルモン数値)、幸福度アンケート、同級生による評価、等のあらゆる調査をしており、マインドフルネスの有効性を実験しました。

結果、マインドフルネスをしていた生徒のほうが、社交的で行動力があり、他人への攻撃性も24%低くなっていました。

感情をコントロール力、プラス思考、思いやりや優しさ、抗ストレスレベルなども数値が高く、とても良い影響が出ていたそうです。

結論として、教育にマインドフルネスはとても役立つということがいえそうですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. マインドワンダリングという言葉をご存知ですか? マインドワンダリングとは、ストレスがかかってい…
  2. 本日は東京で講座を開催しているマインドフルネス、瞑想、レイキヒーリング、エネルギー調整などを実践して…
  3. 実はマインドフルネスは1970年代からストレスに対する方法として欧米では徐々に普及しはじめていました…

ピックアップ

  1. 2017-4-29

    ドローイン呼吸法で瞑想してインナーマッスルを鍛えましょう

    ドローインという呼吸法をご存じでしょうか??? ドローインという呼吸法により、自律神経を整えて…
  2. 2017-3-29

    マインドフルネスは危険なものなのか?

    安易なマインドフルネス瞑想は危険性もある!? 最近マインドフルネスは欧米をはじめとして日本でも…
  3. 2016-7-10

    NHKスペシャルで放送された「キラーストレス」でのマインドフルネス瞑想

    2夜連続でNHKスペシャルで放送された「キラーストレス:そのストレスはある日突然死因に変わる」を今回…
  4. 2015-11-27

    不眠に有効な呼吸法

    ベッドに入ってもなかなか寝付けない・・・ 眠りが浅くて朝が辛い・・・ なんて経験は誰もが…
  5. 2015-11-11

    自覚(アウェネス)と意識の違いを考えてみた

    私たち人間は、いつも日常的に思考や感情や感覚に同一化していることを知っていますか? 例えば怒る…
2019年10月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る