ドローイン呼吸法で瞑想してインナーマッスルを鍛えましょう

ドローインという呼吸法をご存じでしょうか???

ドローインという呼吸法により、自律神経を整えて、しかも痩せるダイエット効果も期待できる!?と評判でもあります。

ちなみにドローインとは、英語で「draw in」であり日本語では「引っ込める」という意味。

息を大きく吸って、お腹を大きく引っ込めてお腹のインナーマッスルを鍛えるエクササイズ法のことです。

中年になると出てくるぽっこりお腹は、インナーマッスルが弱ってきて内臓が垂れ下がっているのが原因です。

そこでインナーマッスルを鍛えてお腹の内臓を正しい位置に戻そうというものです。

人が進化して二足歩行となり、人体の内臓が重力とともに下がりやすくなってしまい、内臓が圧迫されて機能が低下したり、腸の動きも悪くなって、ぽっこりとしたお腹になってしまうのですね。

これを防ぐためには筋トレが効果的です。

人体の内部にある内臓を支えてくれている筋肉(インナーマッスル)を鍛え、自然に内臓が元の位置に戻るようにするしかありません。痩せているのに下腹部が出ている人や食事をするとお腹の下の方が膨らむ人は、内臓下垂かも知れません。

そこでドローイン呼吸法が効果的となります。

1.立った状態で胸を張り、姿勢を正す

2.お腹をぐっとへっこめながら、息を大きく吸いこんでください

3.そして貯めた息をゆっくり吐きながら、お腹をぐーっとへこませるイメージでその時にお尻の穴にもぐっと力を入れてみましょう。そしてへっこました状態で30秒間をキープしてください。

4.これを10セットを毎日繰り返してください。

 

お腹を意識してへこますことで腹横筋を鍛える効果があります。

腹横筋はそもそも鍛え辛い部分なので、ドローインを行うことで体幹が鍛えられ、内臓下垂を予防する効果が期待できます。

じつはこのドローインはヨガの瞑想呼吸法からヒントを得ているとも言われています。

そして自律神経の交感神経を活性化する効果があるそうです。

なかなか凄いですよね!!

 

マインドフルネスを実践しつつ、心と体の調和バランスを取るのはとても有意義なことかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. マインドワンダリングという言葉をご存知ですか? マインドワンダリングとは、ストレスがかかってい…
  2. 本日は東京で講座を開催しているマインドフルネス、瞑想、レイキヒーリング、エネルギー調整などを実践して…
  3. 実はマインドフルネスは1970年代からストレスに対する方法として欧米では徐々に普及しはじめていました…

ピックアップ

  1. 2017-4-29

    ドローイン呼吸法で瞑想してインナーマッスルを鍛えましょう

    ドローインという呼吸法をご存じでしょうか??? ドローインという呼吸法により、自律神経を整えて…
  2. 2017-3-29

    マインドフルネスは危険なものなのか?

    安易なマインドフルネス瞑想は危険性もある!? 最近マインドフルネスは欧米をはじめとして日本でも…
  3. 2016-7-10

    NHKスペシャルで放送された「キラーストレス」でのマインドフルネス瞑想

    2夜連続でNHKスペシャルで放送された「キラーストレス:そのストレスはある日突然死因に変わる」を今回…
  4. 2015-11-27

    不眠に有効な呼吸法

    ベッドに入ってもなかなか寝付けない・・・ 眠りが浅くて朝が辛い・・・ なんて経験は誰もが…
  5. 2015-11-11

    自覚(アウェネス)と意識の違いを考えてみた

    私たち人間は、いつも日常的に思考や感情や感覚に同一化していることを知っていますか? 例えば怒る…
2019年8月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る