瞑想で業績を上げるビジネス手法について

インテル(Intel)は、昨年より世界での約10万人の社員に対して9週間の瞑想トレーニングをベースとしたマインドフルネス研修をしています。

 

マインドフルネスは、ビジネス上でも業績に寄与することが調査から明らかになっているため、このようなビジネスプログラムを導入する企業が増えているのですね。

 

マインドフルネスでは下記のようなメリットがあります。

 

・従業員の健康状態を良くする(免疫を上げる)

・メンタルヘルス対策になる(うつの防止やストレス軽減)

・人間関係の円満(職場の人間関係が円滑になる、思いやりが生まれる)

・自己管理能力が上がる(感情の抑制や注意力)

・生産性が上がる(集中力が増す)

 

 

 

 

このようなことが科学的にも証明されているのですね。

 

そしてこのマインドフルネス状態を意図的にトレーニングで作る事ができるのがポイントなのです。

 

基本は呼吸法、瞑想にはなりますが、今ここの一瞬を受け入れる・・というコンセプトのマインドフルネスのプログラムは、インサイトメディテーションとも呼ばれ、欧米でインテルのように導入する企業が爆発的に増えています。

 

実はインテルがこのプログラムを導入するにあたり、1500名の社員限定でテストを行っています。

そしてその調査結果を公表しています。

 

結果は・・

 

10点満点の自己評価で

 

・幸福感が得られた +3ポイント

・ストレスや切迫感が減った -2ポイント

・アイデアや気づきが得られた +2ポイント

・クリエイティビティ +2ポイント

・心が明るくなる +2ポイント

・集中力が増した +2ポイント

・人間関係が良くなる +2ポイント

・チーム力のアップ +2ポイント

 

 

このようなテスト結果が出た為、全社員10万人に対して導入を決めたのだそうです。

 

そして社員からも好評なのだそうです。

 

Google、Facebook、SAP、LinkedInなども導入するのは分かるような気がしますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. マインドワンダリングという言葉をご存知ですか? マインドワンダリングとは、ストレスがかかってい…
  2. 本日は東京で講座を開催しているマインドフルネス、瞑想、レイキヒーリング、エネルギー調整などを実践して…
  3. 実はマインドフルネスは1970年代からストレスに対する方法として欧米では徐々に普及しはじめていました…

ピックアップ

  1. 2017-4-29

    ドローイン呼吸法で瞑想してインナーマッスルを鍛えましょう

    ドローインという呼吸法をご存じでしょうか??? ドローインという呼吸法により、自律神経を整えて…
  2. 2017-3-29

    マインドフルネスは危険なものなのか?

    安易なマインドフルネス瞑想は危険性もある!? 最近マインドフルネスは欧米をはじめとして日本でも…
  3. 2016-7-10

    NHKスペシャルで放送された「キラーストレス」でのマインドフルネス瞑想

    2夜連続でNHKスペシャルで放送された「キラーストレス:そのストレスはある日突然死因に変わる」を今回…
  4. 2015-11-27

    不眠に有効な呼吸法

    ベッドに入ってもなかなか寝付けない・・・ 眠りが浅くて朝が辛い・・・ なんて経験は誰もが…
  5. 2015-11-11

    自覚(アウェネス)と意識の違いを考えてみた

    私たち人間は、いつも日常的に思考や感情や感覚に同一化していることを知っていますか? 例えば怒る…
2019年10月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る